恋活・婚活マッチングアプリ攻略

【Photojoy利用者限定】マッチングアプリのファーストメッセージのコツとは

2022年7月22日

マッチングアプリでのやりとり例を紹介!長続きするコツとは

PhotojoyMagazine編集部

累計撮影数17,004人超えの恋活・婚活のプロフ撮影サービスPhotojoyが立ち上げたWebメディア。 全国47都道府県での撮影体験を元にマッチングアプリでモテる写真やメッセージについて紹介します。

「マッチングアプリのやりとりってめっちゃ難しくない?」

実際にマッチングアプリを利用したことのある人なら誰しもが体験することではないでしょうか。

それもそのはず。
慣れ親しんだ友人とのメッセージのやりとりと異なり、プロフィール写真や自己紹介文から限られた情報の中で連絡のやり取りをする必要があるため、何を話せば良いのか分からない問題に陥りやすくなります

そこで本記事は、マッチングアプリで意中の人とデートを行くために必要な「マッチングアプリのメッセージのやりとりのコツ」をご紹介します。

マッチングアプリのメッセージのやりとりは慣れれば簡単

マッチングアプリのメッセージのやりとりは慣れれば簡単

実は、マッチングアプリのメッセージのやりとりは慣れれば簡単です。
登録して間もないうちはマッチングアプリのメッセージのやりとりを難しいと感じると思いますが、これは時間とともに徐々に慣れてきます。(およそ1週間あれば慣れると思います。)

それでは、これからマッチングアプリを初めてスタートしようと思ってる人は、メッセージのやりとりで必ず苦戦しなければならないのでしょうか。

答えは「NO」です。
なぜなら、メッセージのやりとりにはコツがあるからです。

今日からでもすぐに使えるメッセージのやりとりのコツ8選をご紹介しますので、今後のアイディアの一つとしてお持ち帰りください!

マッチングアプリでやりとりを続けるコツ8選

マッチングアプリでやりとりを続けるコツ8選

どんなにかっこいい人でも可愛い人でも、メッセージが素っ気ないとデートにつながることはほぼありません。

数多くのライバルの中から選ばれるためには、無論メッセージのやりとりを続ける必要があります。

①ファーストメッセージは丁寧に名乗る

ファーストメッセージでは、「タメ口を使わない」「自分の正体を明かす」などの丁寧さを前面に出すことを意識してください。

初回のメッセージは丁寧に名乗る

また自分の名前もきちんと名乗るようにしてください。
この際、ニックネームでも問題ないですが、明らかに偽名だと分かる名前は使わないようにしましょう。

ファーストメッセージで相手に不信感が伝わらないよう、自分が怪しいものではないことをきちんと開示してください。

②いいねをした理由を伝える

ファーストメッセージには必ずいいねをした理由を伝えるようにしましょう。

人間は誰しも褒められると嬉しい生き物です。
数多のライバルがいるマッチングアプリにおいて、ファーストメッセージで自分の印象を残すことは重要です。

初回メッセージにいいねをした理由を伝える

いいねをした理由は、短くても問題ないです。
いいねをした理由をはっきりと簡潔に伝えるようにしてください。

ファーストメッセージを送る際のポイントは、「簡単な自己紹介」+「相手いいねをした理由」について送ることです。

③お互いの共通点を探す

メッセージのやりとりでは、相手のプロフィールからお互いの共通点を探すことが重要です。

メッセージを送る前に相手の自己紹介文をしっかりと確認して、話が広がりそうな話題を見つけてみてください。

具体的なメッセージ例としては、

出身地の話題

好きな食べ物の話題

相手の自己紹介文に書いていること=相手が話やすいことになります。
ただし、中には自己紹介文に書いてることを質問されるのが嫌な方もいますので、自分なりの言葉に置き換えてから質問するようにしてください。

④メッセージの頻度は1週間で10通以上を目処

メッセージの頻度は1週間で10通以上になるように返信してあげましょう。

相手の返信スピードが遅かったり、逆に早いようであれば、できるだけ相手に合わせるようにしましょう。
相手にとってメッセージのやりとりが負担にならないようにすることが長続きするコツです。

⑤デートを意識したやりとり

マッチングアプリのメッセージのやりとりでは、相手にデートを連想させるような内容にさせましょう。

デートを意識したやりとり

デートを意識したやりとり

いきなり遊ぶ前提で話すとチャラいと思われてしまうため、適切なタイミングを見計らってください。

⑥お互いの関係を間違えない

マッチングができたからといって、その時点では友達でも恋人でもありません。

いきなり馴れ馴れしくしたり、急にタメ口を使うことはご法度です。

「ww」を使ったメッセージ例

顔文字を使ったメッセージ例

絵文字や顔文字は人によって受け取り方が様々です。
相手がスタンプや顔文字を使う人であれば、相手に合わせて使ってみても大丈夫ですが、決して万人ウケするものではないです。

「気持ち悪い」と受け取ってしまう方もいますので、極力使わないことをおすすめします。

⑦長文になりすぎない

メッセージは長くなっても2~3行で収まるように簡潔に、分かりやすく整理してから送りましょう。

長文になりすぎない

長々としたメッセージを読むのは疲れてしまいます。

メッセージを長く続けるためには、相手に手間をかけさせないようにしましょう。

⑧自分から話を振る

「相手からいいねをもらったから相手からのメッセージが来るまで待っている」人や「自分からは恥ずかしくて送れない」人は貴重な機会を失っているかもしれません。

なぜなら、マッチング後は相手の興味関心が高いためです。

そのため、マッチング後は自分から積極的にファーストメッセージを送りましょう

マッチングアプリでやりとりが続かない理由

マッチングアプリでやりとりが続かない理由

続いては、マッチングアプリでやりとりが続かない人の特徴をおさらいしておきましょう。

返信がしにくい

メッセージの内容が返信しにくい内容だったり、話題がないままダラダラとやりとりしているパターンです。

相手はメル友を探してるわけではありません。常に相手が興味を持つ内容にすることを意識することが重要です。

価値観が違うと感じた

「あれ、なんかこの人は違う。」いわゆる、価値観のズレです。

正直これはどうしようもないことです。
価値観のズレは、遅かれ早かれ別れゆく運命ですので、無駄な時間とお金を遣わずに済んだと思いましょう。

他に良い人ができた

これもどうしようもありませんし、あなたに決して責任はありません。
相手に合わせてやりとりをしていても、自分よりも素敵な人を見つけられてしまったらおしまいです。

ただし、相手に好きな人ができたからといって、ブロックしたり連絡を無視することはせずに、「好きになった人に幸せにしてもらってください」と相手の幸せを祝福してあげましょう。

ありきたりの話題に飽きた

マッチングアプリをやっていると、常に複数人とやりとりをすることになります。
そのため、毎回同じようなことを話していると徐々に飽きてしまいま

上級者向けですが、もし相手の反応がいまいち悪い場合は、少し的を外れたことを言ってみることも一つの手です。
ただし、その一言によってすべてが台無しになってしまう可能性があるため、本当に最後の手段として使ってみてください。

マッチングアプリのやりとりを続けて多くの人に出会おう!

マッチングアプリのやりとりを続けて多くの人に出会おう!

マッチングアプリではメッセージのやりとりを続けない限り、デートに行くことはできません。

言い換えれば、メッセージのやりとりがスムーズにできれば、デートの約束につながるチャンスが増えるということです。
そうなれば、必然的に出会える人の数も増え、意中の相手にもアタックできるかもしれません。

今日からでもすぐに始められる内容のものばかりですので、メッセージのやりとりのコツをうまく使って、自分にぴったりの相手を見つけましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

PhotojoyMagazine編集部

累計撮影数17,004人超えの恋活・婚活のプロフ撮影サービスPhotojoyが立ち上げたWebメディア。 全国47都道府県での撮影体験を元にマッチングアプリでモテる写真やメッセージについて紹介します。

-恋活・婚活マッチングアプリ攻略