Omiai

Omiai(オミアイ)のブロック機能、利用方法や相手にはどう見えているのか解説

2021年3月2日

Omiai(オミアイ)のブロック機能、利用方法や相手にはどう見えているのか解説

「嫌な人が居たからブロックをしたい」
「連絡を取っていた人がいなくなったのはブロック?」

Omiaiにはブロック機能が用意されており、メッセージのやりとりをしたくない相手をブロックすることが可能です。

また、自分が相手に嫌な思いをさせてしまった場合にもブロックをされて連絡が取れなくなってしまうこともあります。

しかし、ブロックをした場合・された場合にどのように表示されるのか、問や不安を抱く方も多いのではないでしょうか。

そこで、Omiaiのブロック機能の特徴や、ブロック機能の利用方法について紹介します。

Omiai(オミアイ)のブロック機能とは?

block

Omiaiのブロック機能を利用すると、ブロックした側とブロックされたユーザーが互いにプロフィールを閲覧できなくなる機能のことです。

そのため、今後絶対にメッセージのやりとりをしない、プロフィールを閲覧されたくないという場合にブロック機能を利用することが一般的です。

もし、自分がブロックをされてしまった場合は、同じアカウントで同じ人に連絡を取ることができなくなります。

Omiai(オミアイ)ブロック機能の使い方

Omiai(オミアイ)ブロック機能の使い方

Omiaiでブロック機能を利用する方法を解説します。

①最初に相手のプロフィール画面に行き、プロフィール画面の上にある3つの点をタップ。
②3つの点をタップするとメニューバーが出るため、「ブロックする」ボタンをタップ。
③最終確認の画面で再度「ブロックする」をタップすれば、ブロック完了。

メッセージのやりとりをしていて合わないと感じた場合や、不快なメッセージを送られた場合にはブロックをしてしまっても大丈夫です。

Omiai(オミアイ)ではユーザーが気持ちよく利用できるためにブロック機能を設置しているので、嫌な思いをしたらブロックをしてしまいましょう。

もし、ブロックしたユーザーを確認したくなった場合にはブロックリストから確認することもできます。

Omiai(オミアイ)でブロックすると相手にはどう見える?

Omiai(オミアイ)でブロックすると相手にはどう見える?

Omiaiではブロックすると、相手がブロックされたことに気付かないように、検索画面に自分のプロフィールが表示されなくなります

また、ブロックをした相手の足跡も消えて、メッセージの送受信や閲覧もできなくなります。それぞれの特徴について、詳しく確認しておきましょう。

ブロックした相手には「退会」と表示される

Omiaiでマッチングした人をブロックした場合、相手の画面には「退会者」として表示されます。

ブロックした相手からは自分が退会したのだと認識されるため、ブロックしたことが相手のユーザーに知られることはありません。

検索しても表示されない

Omiaiのブロック機能を利用した場合、ブロックした相手がユーザー検索しても自分のプロフィールは表示されません。

そのため、Omiaiでブロックしたユーザーから再度メッセージを送られたり、プロフィールを閲覧されたりすることはありません。

2度と連絡を取りたくない場合や、自分の行動を知られたくないという場合にもブロックは有効です。

足跡は削除される

Omiaiでブロックした場合、ブロックした相手の足跡履歴からは自分の足跡履歴だけ削除されます。

ブロックする場合、1度相手のプロフィール画面に飛ばなければなりませんが、ブロックするためにプロフィールを閲覧した際の足跡は残らないので安心です。

メッセージのやりとりや閲覧はできない

Omiaiでマッチングした後にメッセージを交換しているユーザーをブロックした場合、ブロックした相手とのメッセージ画面には「退会しました」と表示され、メッセージを交換できなくなることが特徴です。

また、トークルームそのものが削除されるため、ブロック後はメッセージ履歴も閲覧できません。

Omiai(オミアイ)でブロックは解除できない!相手ユーザーの確認方法は?

Omiai(オミアイ)でブロックは解除できない!相手ユーザーの確認方法は?

Omiaiでブロックした場合、ブロックを解除できません。そのため、ブロックをするときには注意をしましょう。

ブロック機能を利用した場合は、ブロックした相手からはもちろん、自分からもアクションを起こせなくなります。

もし、もう1度やりとりをしたいと思っても、一度ブロックをしたユーザーとは度登録しなおしてやりとりをすることができません。

そのため、ブロックする場合にはしっかりと考えたうえで利用しましょう。

もし、一時は相手のプロフィールを見たくはないが、後々相手とメッセージのやりとりをする可能性がある場合は「非表示機能」を使うことがおすすめです。「非表示機能」であれば、非表示を解除することが可能です。

Omiai(オミアイ)でブロックしたユーザーの確認方法

Omiaiでこれまでブロックしたユーザーを確認するためには、マイページから「各種設定」ボタンをタップし、「ブロックリスト」をタップします。

ブロックリストを確認した際、相手のユーザーが「退会済み」と表示された場合は本当に退会をしているか、相手にも自分をブロックされている可能性があります。

Omiai(オミアイ)のブロック機能の活用法

Omiai(オミアイ)のブロック機能の活用法

Omiaiのブロック機能は、特定のユーザーとのやりとりやアプローチを拒否できる機能です。ブロックを使いたいけども、どのタイミングで使って良いのか分からない人も多いでしょう。

ここでは、Omiaiのブロック機能はどのような場面で活用できるのか、主な4つの活用方法を紹介します。

知り合いがいた

Omiaiを使用していることを絶対に知られたくない方は、友人や知人に似ているユーザーがいた場合、ブロック機能を活用しましょう。

Omiaiを閲覧していて、「友人や知人に似ているがニックネームが違う」といったケースは少なくありません。

しかし、Omiaiではプロフィールやニックネームを自由に設定できるため、プロフィールの内容やニックネームが違うからといって、友人や知人ではないとは限りません。

イエローカードが表示されている

Omiaiには、イエローカードというシステムが存在します。

イエローカードは、プロフィールの内容が事実と大きく異なる場合や、ほかのユーザーに通報された回数が多い場合、不正行為が確認できた場合に付けられるマークです。

イエローカードマークがついているユーザーは無視する方法が有効ですが、何回も足跡を付けられるのであれば、ブロックしてトラブルを予防する方法も良いでしょう。

不適切なユーザーがいた

Omiaiは監視体制が整っており、業者は排除されています。しかし、登録から強制退会までの僅かな時間内に、業者とマッチングしてしまう可能性があるでしょう。

悪質な業者とマッチングした場合、マルチ商法や売春、美人局などのトラブルに巻き込まれる危険性があります。

また、不愉快な思いをするケースも多いため、不信感を抱いたユーザーはブロックしてトラブルを予防する方法が有効です。

マッチング数が増えた

Omiaiで多くのユーザーとマッチングしており、ある程度恋人候補を絞れた場合には、ブロック機能を活用してマッチングしたユーザーを整理する方法も有効です。

Omiaiの「いいね」数が多いと、マッチング数も増えてメッセージを交換するのに手間がかかり、良い出会いを逃してしまう可能性があります。

マッチング数が多く、Omiaiを活用しきれていないと感じる場合にはブロック機能を活用し、ユーザーを整理することによって効率良くOmiaiを使用することにつながるでしょう。

Omiai(オミアイ)でブロックされたらどうなる?注意点は?

Omiai(オミアイ)でブロックされたらどうなる?注意点は?

ここからはOmiaiでブロックされたら場合どうなるのか、ブロックされないために気を付けることは何かを紹介します。

強制退会になる可能性がある

Omiaiの運営側は、24時間Omiaiのユーザーや利用履歴を監視しています。

そのため、短時間で多くのユーザーからブロックされてる人や、反対に多くの人をブロックしているユーザーは、原因を確認しイエローカードをつけるか強制退会にするケースがあります。

ブロックされないための注意点

自分がほかのユーザーからブロックされないためには、Omiaiを正しい方法で利用することが大切です。

例えば、他人の写真を使ってプロフィールの内容を偽る、肉体関係を持てる相手のみを探す、相手を不快にするような発言をする、同じユーザーに何度も足跡をつけるなどの行為は止めましょう。

多くのユーザーにブロックされると、運営から悪質な利用者だと判断されることがあります。マッチングしたユーザーが「退会済み」と表示されることが多いという場合には、多くのユーザーからブロックされている可能性があるため、Omiaiの活用方法を見直す必要があるでしょう。

Omiai(オミアイ)のブロック機能を活用して効率良くマッチングしよう

Omiai(オミアイ)のブロック機能を活用して効率良くマッチングしよう

Omiaiでブロックした場合は相手の画面に「退会済み」と表示されるため、ブロックされた相手は、自分がブロックされたのか本当に退会したのか判断できません。
ブロックした相手に嫌な思いをさせることはないため安心です。

メッセージの交換をしたくないユーザーにだけ利用するのではなく、相性が良い相手とだけ効率良くメッセージのやりとりをしたい方にはOmiaiのブロック機能を知っておくと良いでしょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

編集長 小林

恋人を作るための写真・自己紹介文・ファッションや清潔感を出す身だしなみ、スキンケア、メンズメイク情報を発信。「読み物で終わらない。行動に移せる」をモットーに執筆。 自身もマッチングアプリのPairsを使って1年足らずで結婚。Photojoy公式サイトはこちら↓

-Omiai